【従業員教育】

長年培ってきた、苦情相談、品質テストの経験を以て、指導に当っています。

 

衣料品についても、クリーニング後の変化はクリーニングが関わっているので、純粋なアパレルの品質とは異なる場合があります。クリーニングの知識を含めた判断が必要になります。

また、アパレル品は今のところ使い捨ての商品は作っていないはずです。

そして標準的なクリーニングは水或はクリーニング溶剤に浸漬し、洗剤や温度、機械力を掛けて汚れ除去や、乾燥仕上を行っています。

 特別なお手当を含めて標準的な処理以外の操作には、別料金が掛ると云う意識でお客様に対応することで商売が成り立つと云う姿勢が必要です。

 従業員教育は会社の方針に沿って行いますので、上記を含めてご意向に沿った教育を目指しております。

 ・・・・写真は着用ズレと思われますが、受付けの点検で発見できていませんいていません。

 経営者として、こんな時どんな対応をされますか?