クリーニング品質研究会

当会はクリーニングの品質向上を目的に設立した研究会です。

 

会員が自主的に自社のクリーニング品質についてオリジナルのテスト布を使用して確認し、自信を持ってお客様に利用して頂いております。

左の写真はドライクリーニングの品質を確認するテスト布でスが、ランドリー用のテスト布も用意してあります。

 

また、クリーニング品質向上、お客様に快適に利用して頂く手段に関する勉強会等を行い見聞を広めています。改正された取扱い表示で新たに仲間入りしたウェットクリーニングについては、品質テスト結果に基いて認定書を発行しております。認定者はまだまだ少ないのですが、少ない理由は試験の難しさにあります。

 

即ち、ウェットクリーニング対象品は機械処理を中心とした家庭洗濯が出来ない商品に対する水処理なので、表示を付けるに当って機械力(メカニカルアクション)の程度を評価基準にしており、その基準に叶った処理が出来なければならないのです。これが認定の理由のひとつですが、考え方を変えれば、過剰に弱い処理をしておけば事故の発生は予防できるのです。しかし、クリーニングが汚れを除去するための処理ですから、可能な限り汚れを除去しなければ、クリーニングを依頼した意味がありません。そのために当会の認定審査には洗浄性を含めており、機械力のみで評価する、認定制度の補遺に人気があると云う訳です。

 

残念ながら、現状は更に厳しく、認定試験に挑戦せずにウェットクリーニングを引き受ける業者の方が多いのが現状です。

従って、当会の認定を授与されたクリーニング業者は希少価値と云うことになります

 

今後も、普及活動を続けて行きますのでご期待ください。

普及活動には利用者の関心が何よりの励みです。

 

どうぞよろしくお願いします。